【終了】3/11墨田区水の循環講座 第6回水の授業「すみだと世界の水循環について考える授業を体験しよう」

【日時】:
3月11日(日)13:00-17:00
【場所】:
すみだリバーサイドホール 墨田区役所併設(墨田区吾妻橋)
【講師】:
水ジャーナリスト橋本淳司
【協力】:
静岡県立三島北高校
【持ち物】:
筆記用具
【参加費】:
無料
Thumbnail

Event information

ワークショップを通じてこれまでの講座の内容を振り返り、国内外の水課題について学んできた静岡県立三島北高校の生徒が作った水循環に関する「オリジナル授業」を受けてみませんか?

ウォーターエイドジャパンは「水の循環講座(全6回)―すみだと世界をつなぐ水の大切な話」最終回、水の授業「すみだと世界の水循環について考える授業を体験しよう!」の参加者を募集します。

 

●プロジェクトWETのアクティビティ「ブルートラベラー」を通じて、水資源に関する知識や理解を深めます。


●国内外の水課題について学んできた静岡県立三島北高校の高校生スピーカーたちが作った水循環に関するオリジナル授業を体験します。カレーライスの材料の貿易を通じてバーチャルウォーターを考える授業や、生活排水を考える授業、カンボジアの衛生問題を解決するために作った授業など興味深い授業ばかりです。


●ウォーターエイドスピーカーがウォーターエイドのオリジナル授業を、ウォーターエイドのスタッフが最新版の水に関する授業を行います。

 

ウォーターエイドと三島北高校による授業を体験し、国内外の水循環や水の大切さについて改めて考えてみませんか。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お申込みはこちら

各回講座の詳細はこちら