Water Innovators 2018

Thumbnail

Get involved

Water Innovatorsは、ウォーターエイドが開発した人材育成と社員参加型の社会貢献を組み合わせたプログラムです。企業からエントリーしたチームが、専門的なスキルを得ながら、途上国に実際にある課題の解決策を考え、世界から参加している他のチームと競い合うというしくみです。

2017年は、日本の企業が初めて参加。ニカラグアで実際に起きている水・衛生の課題に対する解決案を考案し、イギリス、アメリカ、オーストラリアの水道事業会社やコンサルティング会社も参加するなか、「イノベーション賞」を受賞しました。

昨年の様子はこちらをご覧ください。

2018年のプログラムの対象地はインドです。
インドでは、

  •  1億6300万人が清潔な水を利用できません
  • 7億3200万人が適切なトイレを利用できません
  •  5歳未満の子供6万人以上が毎年下痢で亡くなっています

 

プログラムの内容

Solve:水・衛生の課題の解決策を考える

ウォーターエイドより、インドで実際に起きている水と衛生の課題を提示します。参加チームは、メンバーのスキルや経験などを活かして、その課題の解決策を検討します。

Fund: ファンドレイズをする

NGOが解決策を実行していくためには資金を調達することも大切な仕事の1つです。各チームは、インドのプロジェクトのためにファンドレイズプランを策定してウォーターエイドに提案、ウォーターエイドからアドバイスと💲500の元手資金を受けて、そのファンドレイズプランを実践します。

Win:結果発表

各チームによる解決策の提案、ファンドレイズなどに対し、ウォーターエイドより賞を差し上げます。 $10,000以上のご寄付を集め、すばらしい解決策を出したチームが総合優勝となり、ウォーターエイド・インドのプロジェクト視察の機会を得ることができます。

 

※参加条件・パンフレットはこちら(英語)をご覧ください。

スケジュール(予定)

2018年2月:エントリー締め切り

2018年3月:Water Innovatorsの実施計画作り。チーム紹介ビデオ作成

2018年4月:ファンドレイズの元手資金を得るためのプレゼン発表

2018年5月:ウォーターエイドとミーティング

2018年9月:全チームが成果物を提出 2018年10月:入賞チームの発表

Water innovatorsに参加したことで

これまでWater Innovatorsに参加した企業からは、チームビルディングやリーダーシップ力の向上など、人材育成の面でもとても有効であったとの声も寄せられています。

  •  参加者の93%が、コミュニケーション能力が向上したと感じています。
  •  参加者の96%が、職場で役に立つスキルが向上したと感じています。
  •  参加者の93%が、自分の会社の価値と信頼性を実証することができたと感じています。

 

ご関心のある企業様は、お気軽に下記までお問い合わせください。

特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン

TEL: 03-6240-2772

E-MAIL:info-japan@wateraid.org